いぐさの香りが和室に合う

家の模型

畳がある和室は、古きよき日本のおもむきを感じさせてくれる存在です。最近ではフローリングやカーペットなど、洋室な部屋が好まれる傾向にありますが、高齢者の方がいる住宅や和風の住宅には欠かせません。畳は一度設置すると、時間の経過と共に変色していきます。天然のいぐさを使用しているので、どうしても日焼けを起こし色が変色してしまうのです。変色が気になったら、表と裏を入れ替えて対応すれば2年から3年程使用することができます。一度表と裏を入れ替えた畳を、再度利用したい場合は畳表替えを行ないます。畳表替えを行なえば、いぐさの香りをまた感じることができますし、劣化した部分を取り除くことで、新品のような仕上がりにすることができます。4年から5年は同じ畳を使用している、そのような方は専門業者に依頼して畳表替えを行ないましょう。

畳表替えにかかる費用は、専門業者によって異なりますが、2000円前後で依頼することができます。畳表替えを行なう畳の枚数や、大きさによって費用は変わってきますが、ネットを利用して専門業者に依頼すると、割引価格で対応してもらえることもあります。自社施工で作業を行なっている専門業者であれば、低価格で高品質なサービスを提供してくれます。まずは、ネットで検索して問い合わせてみましょう。見積もりは専用フォームで簡単に出すことができますし、24時間で受付に対応していることもあります。メールが使えない方でも、電話やファックスで対応してくれるので安心して依頼することができます。