耐熱ペアガラスの修理

男性

耐熱ペアガラスの修理や交換費用の相場

耐熱ペアガラスは住宅などにおいて最もポピュラーといってよいほど普及している窓ガラスの種類です。最近の住宅窓ガラスは結露がしにくくなっていますが、それはこの耐熱ペアガラスが使われているためです。 他の窓ガラス同様に、ガラスの一部にでもひびが入ってしまうと、ガラス全部を取り替えることになるので、修理は実質交換となります。耐熱ペアガラスの修理、交換の相場はおよそ3万円から12万円です。 相場に幅があるのは、ガラスの大きさに加えて耐熱ペアガラスの性能がそれぞれ違ってくるためです。当然ガラス修理で交換するときに、そのサイズが大きいほど料金が上がります。また耐熱性能が高い1200度の熱も耐えるタイプだと5万円から13万円程度の費用が相場になります。

ガラス修理の価格傾向をホームページなどで知っておく

具体的なガラス修理費用がいくらになるかは、業者に依頼する多くの人が当然気にします。ガラス修理の価格はガラスの種類と厚さ、大きさによってかなり違ってきます。このため多くの業者は自社のホームページなどに価格表を目安として掲載しているので、それを参考に価格を判断することもできます。 例えばフロート板ガラスなら1枚で2mm厚、サイズは90cm四方ならば技術料込みで1万円ほどで交換を請け負ってもらえます。網入りの耐火ガラスなら同じサイズで2万4千円ほどになります。 注意をしたいのは、出張費や取り外したガラス処分費です。これらは業者によってはガラス修理料金に含めていないことがあるためです。そのため見積もり書をしっかりと提出する料金詳細が分かりやすい業者に、ガラス修理を依頼することも、値段以上に重要です。